ふにゃこ
http://hunyako2013.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
弁護士的
2015-05-04 Mon 19:47
 こちらの弁護士数人とは会ったことがあるが、その人となりはともかくとして、弁護士という職業は、私なら面倒だと思って敬遠してしまうような手続きだとか、その面倒な手続きの中に隠れているかも知れない小さな可能性を見つけるものでもあるようだ。年々、細かな手続きが面倒になっている私には、ちょっと異質な世界である。

 WINGという、移民して来た女性のグループ(目的は自助的な、おしゃべり会)があり、現在の会長?はブルガリア人のVikkiである。彼女は本国では弁護士をしていて、何の縁があったのか、キウイ男性と結婚、出産後離婚して、シングルマザーをしている。こちらでも何か法律の仕事をしたいからと、英語の勉強後、専門学校でも勉強していたのだが、ブルガリアでの弁護士資格をこちらで再登録させるためには相当な額の料金がかかる上、それが仕事を確約してくれるわけでもないので、改めてファッションの勉強に方向転換している。

 彼女はとても親身になってまわりの人の世話をしてくれる人で、私の身の上もいつも心配してくれる。あるとき、WINGに新しく入りたいという人を紹介するために、FBでメッセージを送ると、就活のその後を気にかけてきてくれた。今、Carolと相談している話をすると、永住権は目指さないの?と聞くので、前の仕事をこちらですることはもはやあきらめているし、そうでなければ、正攻法での永住権は無理だと思う、と答えた。
 実際、私の持つ資格をこちらで使える状態にするためには、さまざまな手続きと、ハイレベルな英語力や高額な料金などがかかり、英語力のハードルを越えることがあまりに非現実的なので、もはや冒険している余裕の無い身としては端からあきらめているのだった。

 普通はそこで、まぁそうよね、という反応が返ってくるものなのだが、Vikkiはそうではなかった。こんな方法は試した?まずは現状を示す書類を持って、イミグレに電話してごらん、私も英語が十分でなかったころに聞いたよ、代理の人が電話をするのは無理だけど、だれかに一緒にいてもらって電話を、と強力に言ってくる。移民アドバイザーのIrynaとは友だちだけれど、と言うと、とにかく行ってはっきりさせてきた方がいい、と言う。

 Irynaはプロで、それで商売をしている人なので、友人だからと言って、あれこれと質問しまくるのは何となく申し訳ないな、と思っているので、これまではときどき簡単な質問をする程度に止めていたのだ。
 結局Irynaとは近いうちに話してみることにしたのだけれど、イミグレの規定や書類などに自分だけで目を通すことはなかなか煩雑で煩わしい。けれどもVikkiは、そういう、一見困難に見える状況の中にあるかも知れない小さな可能性を探すのが弁護士の仕事だから、と言う。医療者にもそんな側面はあるのだが、たくさんの文書やルールの中にそれを見つけるというところが法律家の得意技なのだろう、と納得が出来て、笑ってお開きになった。

IMGA0949.jpg
家の中は肌寒かったので、外でする、と言っていたのに、実は絵を描いて
いました^^; にわか雨が降って来て、仕方なく撤退。

仕方なく??
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | Ethnic | コメント:0 | ∧top | under∨
<<Learning budy | ニュージーランドに暮らすということ | 韓国事情>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ニュージーランドに暮らすということ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。