ふにゃこ
http://hunyako2013.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
米語
2015-04-29 Wed 19:28
 日本の学校で習う英語や町の英会話教室の英語、テレビ・ラジオの英語講座の英語などは原則的にアメリカ英語が多い。講師自身がアメリカ人の場合はもちろん、教科書や市販ののリスニング教材もそうだし、綴り方や表現なども圧倒的にアメリカ英語に傾いている。
 学校でもときどきは、イギリス英語では・・ということも聞くことがあるし、オーストラリアやカナダでは、という話もないことはない。けれども、なんだか日本にいると、世界の主流はアメリカ英語で、他の英語はどちらかというとマイナーだったり、特別だったり、という印象すら持つ。

 けれどもこうして海外へ出てくると、アメリカ英語だって実は数ある英語の支流の一つに過ぎない、という実は当たり前のことに気づく。
 英語が第一言語になっている国々の多くも、主としてイギリスから輸入された場合が多いし、そもそも学校できちんと教えていない国だってある。
 その中で、アメリカ英語の発音にかなりこだわっているのが、日本人と韓国人である。英語はアメリカンだと思っていて、母語にはない巻き舌を必死で使おうとする。

 乳国へ来た当初は、私の耳も昔の記憶もアメリカ英語だったから、乳国英語は聞き取るのもかなり難しかった。今はBBCのサイトで勉強しているので、だいぶましになったものの、乳国英語はイギリス英語とはまた若干違うので、それなりに苦労はする。しばらくはアメリカの映画やドラマなどを出来るだけ見ないようにしていて、リスニングだけでなく、発音も、アメリカ英語の呪縛からはずいぶん解き放たれたのを実感する。
 そうして、たまに映画やニュースなどでアメリカ英語を聞いたりすると、巻き舌はもはやユーモラスなほどに強調されて聞こえ、こもったように聞こえて、ときにリエゾンがあり、何か舞台役者が話しているような、大げさな抑揚のついた言葉に聞こえてくるのだ。
 いくつもの点で日本人にとって難しい発音や抑揚があるので、むしろ英語を発音するということにおいては、難しい言語なのでは、と強く思う。

 英語と一口に言っても、イギリス国内だけでも相当に幅のある、ときには互いに通じないほどの方言が存在するので、BBCやロンドンの西~南西あたりの英語であれば、習うのにも比較的容易なのではないかと思う。そして反対に、日本語に引きずられた発音で話しても通じやすいのではないだろうか。

IMGA0953_20150427192646aec.jpg
ANZAC Dayの前日、みんなで100年前の悲劇を語る・・
とかく、愛国心だの、亡くなった兵士を祀るだのと言うと、眉をひそめる
人がいる国とはずいぶん取り扱いがちがいます。

取り説付き・・
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 英語ネタ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<引っ越し | ニュージーランドに暮らすということ | カーオークション>>
この記事のコメント
#1419 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-06-23 Tue 10:06 | | #[ 内容変更]
#1421 Re: タイトルなし
injさん、コメントをありがとうございました。

例えば、colour、realiseというつづりに赤線がついてしまうのは、イギリス英語はいわば「正式ではない」と考えられているということだと思います。
それほど大きな違いはない、と言う人もいますが、リーディング教材や発音記号、表現など、どちらかというとアメリカよりのものが多いな、と感じています。
2015-06-23 Tue 10:31 | URL | ふにゃこ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ニュージーランドに暮らすということ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。