FC2ブログ
ふにゃこ
http://hunyako2013.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Meet the Teachers
2015-03-09 Mon 16:34
 子どもたちが通う中学校では、新入生とその保護者を呼んで、簡単な説明会兼懇親会を毎年開く。昨年の長女でも体験済みなので、今年は慌てず騒がず参加出来た。最近閉じこもりがちな次女は、そんな会に行かなくてもいい、と言うのだけれど、他の保護者と知り合う数少ないチャンスなので、行かないわけにはいかなかった。

 昨年は、初めに図書室で30分以上も、この学校の方針やレベルなどについての説明が長々とあったのだが、今回は10分程度で終わってしまい、さらに各教室で担任と会う、というので行ってみても、やはり大した説明もなく、楽しんでいって!という感じだったので、担任の先生に簡単なあいさつをして、教室に展示してあるものを少し見てからは、すぐに外へ出て、ピクニックタイムになったのである。

 ソーセージシズルという国民的軽食と飲み物とが子どもたちに、保護者にも飲み物が提供された。ピクニック、ということで軽食を用意して来る人も多いのだけれど、わざわざお弁当にするのも手間なので、早めに簡単な夕食を済ませて、手ぶらで参加した。
 元々学校でのことをあれこれ話す子ではなく、小学校の友人とはクラスが離れてしまってからは、一体どのように学校で過ごしているのかもまったく分からなかったが、どうやら新しいクラスに、「第二の」親友が出来た、ということや、担任の先生の目から見ると、学校ではハッピーに過ごしている、ということが分かり、彼女なりになじもうとがんばっている様子がうかがえて安心した。

 ピクニックでも、次女がその新しい親友の家族に混じって座っていたので、そこへと合流し、いくらかのおしゃべりも楽しんだ。すべてが分かったわけではないにしても、昨年よりはいくらかましな会話が成立していることは実感出来た。こんな場面でも、キウイの人たちのフレンドリーさには助けられる。

 来ているのはほとんどが新入生だったのだが、対象は新しく学校に来た人なので、転校生も含まれる。インド人の家族と立ち話していると、その子は長女と同じ8年生で、今年からこの学校に通うことになったことや、その家族がPongakawaという、以前住んでいたte Pukeよりもさらに20キロほど遠くに住んでいることが分かり、懐かしいと思う反面、何とも大変そうだと思うのだった。なにしろ、スクールバスはte Pukeまでは来るのだけれど(それでも学校からは30キロ近く離れている)、その停留所まで自家用車で送迎しているのだそうだ・・。

IMGA0804.jpg
久々の手話のお茶会。間に全然勉強していないので、分からないことも
多いです。向かいに座ったこの方、辞書に付箋がびっしりです。この方、
めきめきと上手になっています。

もっとがんばらないと!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 子どもたち | コメント:0 | ∧top | under∨
<<推薦状 | ニュージーランドに暮らすということ | やっぱり・・>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ニュージーランドに暮らすということ |
2006-2018 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。