ふにゃこ
http://hunyako2013.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
夫・来NZ
2013-07-31 Wed 18:02
 引っ越し翌日には夫が来ることになっていた。そして、洗濯機も来ることになっていた。午前中には配送してほしいと頼んでいたのだが、あまりアテにならなかったので、意を決して!?販売店へ電話を入れると、当日やりとりをした店員さんが出た。確認して5分後に電話します、と言うと、10分後に電話をしてきて、12時頃に持っていきます、という返事だった。早く教えてくれれば、日曜午前のマーケットに行けたのに・・とちょっと残念ではあった。

 仕方がないので、昼までは衣類の分類・片付けなどをして、昼食を作って待っていると、ほぼ時間通りに洗濯機はやってきた。無口なおじさん2人が、20分ほど設置作業をして、帰って行った。急いで洗濯をスタートし、昼食の後片付けをして、洗濯ものを干した。

 夫の到着の前に、図書館へ行って、インターネットでメールチェックやブログの更新、記事のチェックなどをしておきたかったのだった(いまだ電話が通じていなかった!)。
 図書館は車で5分ほどのところにあった。2ドル払うと、ナンバーの書かれたレシートが出てきて、このナンバーを入れると1時間、Wi-Fiが使えるのだった。テプケの図書館ではフリーだったのだが・・。

 あっという間に1時間たち、途中立ち寄ったWarehouseで買ったものを下ろしに帰宅し、再び図書館へと向かった。バス停はこの図書館のまわりにあるのだった。まわり、というのは、バス停が一カ所ではなく、南側と東側の道路が全体にバス停になっているのだ。

 2度目は、多少道も分かって、あの道にあの向きで駐車しよう、と思って近道?を走ってみたものの、方向音痴の私の思惑通りには道は出来ていなかった。同じところを2度めぐったところで、目当てのバスが停車しているのを見つけた。
 幸い、夫が、手を振る子どもたちに気付いたので、適当なところへと車を駐車して、無事再会することができたのだった。

 子どもたちは朝から興奮気味だったが、相変わらず事務的な私・・数日間出張でもしていたかのような、感覚でいるのだった。

IMGA0264_convert_20130726172854.jpg
さっそくマウント近くのビーチへ。
冬場のビーチには、夏場のような貝はあまりみかけず、
貝拾いの大好きな三女はちょっとがっかり・・

IMGA0269_convert_20130726173009.jpg
そのマウントへ登る・・でも、時間的・体力的に厳しいと
判断して、すぐのところで雰囲気だけ^^;

雰囲気だけでなく・・
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

スポンサーサイト
別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
最後の掃除
2013-07-30 Tue 17:44
 拠点移動翌日、3合分のおにぎりを作って、旧居を掃除するために、再びテプケに戻った。昨日の印象で、あと1度では荷物が運びきれないだろうと予想されたので、テプケの友人にお願いして、家まで来てもらった。日本でなら、特別問題にならないような留守番だが、NZでは13歳以下の子どもが留守番をすることは違法行為となるため、子どもたちをみてもらわなくてはならないからだった。

 荷物を載せ、冷蔵庫の中のものを持って、長女と2人でタウランガまで一往復した。1人でもよかったのだけれど、長い道中ちょっとつまらないなと思ったのと、3人をセットにしておくと、ケンカも多いので、友人の負担を考えてのことでもあった。

 再び旧居へ戻ると、家の中はずいぶんきれいになっていて、庭のオレンジがたくさん収穫されていた。オレンジが本当にたくさんなっていて、最後にもらって帰ろうね、と言っていたのを覚えていた次女が気を利かせたのだ。相当摘んであったけれど、木にはまだまだたくさん残っていた。

 掃除の仕上げをしてから、冷凍庫の霜取りをした。動いていることが奇跡としか思えないほどの旧式の冷蔵庫なので、激しく霜がついていて難渋したが、1時間ほど格闘して、ほぼきれいになった。
 再び荷物とオレンジを積んで、友人を家まで送ってから、タウランガへと戻った。掃除後に記念撮影をしておこうと思っていたのだが、忘れていたことに後から気付いた・・。

 先日、ブログつながりの友人とのやりとりの中で、こうして退去する家を掃除して出るのは日本人ならではということらしかった。
 日本人にとっては当たり前のこの習慣だが、年末の大掃除もそうだし、日本の学校で、学期末や、卒業前などに使わせてもらったことに感謝をしつつ、きちんときれいにして次に送る、ということは、素晴らしい日本の文化なのだと、改めて考えさせられたのだった。

IMGA0258_convert_20130720174240.jpg
Historic Villageへやってきました。
この一角が出来た経緯を全ては理解していないのですが、
古い建物が保存されていたり、昔の街並みを再現してある
不思議な雰囲気の場所です。

IMGA0260_convert_20130720174352.jpg
こんなウォーキングコース?もあったり。
すごいシダの葉ですよね!

IMGA0262_convert_20130720174522.jpg
キッザニアの街並みよりも、大人にはリアルでいいかも?
実際に、おみやげショップや資料館、公民館、事務所等として
使われているのです。
ちょっとした観光スポットなのに、宣伝が少ないのかな・・?
そのあたりがNZらしくていいですけど^^;

宣伝をお願いします!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
拠点移動
2013-07-29 Mon 18:24
 仕事上、連休を取りづらい夫が1週間の休みをもらって、こちらへ来ることになっていた。せっかくなので、この2週間のスクールホリデー中に来ることにしていたのだが、引っ越し1週間後の予定だと、私自身が直前まで思いこんでいたのだった。
 それなら、引っ越しの後片付けなども済んで、疲れも取れているだろう、と踏んでいたのだが、数日前になって、引っ越し直後の日曜日だったということが判明したのだ。

 週末中に拠点を移そうと思っていたのだが、そんなわけで、急きょ1日早めて、金曜日にすることにした。学校最終日に、先生たちへのあいさつも兼ねて迎えに行くと、校長先生は出張中だったが、終業式をやっていて、式後、担任の先生たちはそれぞれ目を潤ませながら、元気でね、と私たちを送り出してくれたのだった。
 いつまでも別れを惜しんでいるわけにもいかず、学校を後にした。

 帰宅後、いそいで最後のシャワーを浴び、最後の洗濯をし、弁当箱を洗い、布団などを車に詰め込んで、新居を目指した。すぐに、事前に作って冷やしておいた夕食を、トースターで温めて食べ、持って来た洗濯ものを干した。
 夕食後はまだ作りかけだった、組み立て家具を仕上げ、本や文具など、いくらかの片付けをした。NZへ持って来ていた本たちが、ようやく、本棚らしい場所におさまることができて、うれしかった。本を分類したり、きちんと順番に並べたりすることはともかく、本が床に転がっていたり、開いたまま放置されていたり、本棚に押し込んであったり、立ててある本の上に横に載せたり、そんな扱いをされているのを見るのが、ことのほか気になるのである・・。

 最大の問題は、この時点で電話が通じていない・ネットがつながっていない、という状態であった。契約はしていたのに、telecom側の事情で、週が明けなくては解決しないのだった。あわてて、ケータイの通話プラン、3ドル15分というのを申し込んだ。

IMGA0252_convert_20130720173021.jpg
お約束のここね・・
行ってみると分かるのですが、案外小さな展望台です。

IMGA0251_convert_20130720173255.jpg
おみやげショップとしては、なかなか充実している
と思いますけどね^^;

おみやげにおひとつお願いします^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
銀行口座
2013-07-28 Sun 08:23
 口座の仕組みは、日本の銀行でも実際にはそうなのだろうけれど、けっこう分かりづらい。しかも、日本と違って通帳が一般的には存在しないから、数値を手にとって見にくい。オンラインバンキングはもちろんあって、いつでも自分の口座の中身や取引内容について見ることは可能なのだけれど、ディスプレイで眺める数字と、紙媒体に書かれているのとでは、何かが違うと感じるのは私だけだろうか・・。

 これまで、ある銀行に、二つ口座を持っていた。セービング口座といって、貯蓄用の口座とでも言うのか、利率は良くて、お金を出さなければ年利4%程度の利息がつき、一ヶ月に1度の操作には手数料がかからない、というものと、チェック口座という、利息はほぼゼロで、操作は何度でも無料でできるが、口座管理料が月に5ドルかかるというものと。

 私の戦略?としては、月に1度、セービング口座からいくらかをエブリデーに移しておいて、必要に応じてATMで下ろして使う、というものだった。ところが、あるとき、いつもしていることをしてもらおうと窓口へ行くと、行員さんが、セービング口座の4%というのは、実はお金を引き出さないか、あるいは少なくとも月末までに元に戻すことでボーナス利率がついての4%だから、今お金を移動してしまうと、4%つかないのよ、もったいないから、多少利率は低いけれど、エブリデーみたいに使える口座をひらいて、そこにお金を入れておくことをお勧めします、というようなことを教えてくれた。

 尤も、話が難しかったので、一度では理解できず、そんな口座があるらしい、というところまで理解したところで、一旦退散して、友人の日本人に教えてもらってようやく全貌が理解できたのだけれど。

 しかもその口座はネットで開設できるということで、早速申し込んでみたところ、翌日にはオンラインバンキングできるようになっていた。

 今月分については、セービングを多少なりとも切り崩さなくては、引っ越しで物いりでもあるし、チェック口座から毎週引き落とされている家賃などが落ちなくなっても困るので、残念だけれど、いくらかをチェック口座へと移した。その後で、オンラインで、チェック口座から新しい口座へとさらに移すことも無事にできたのだった。

 移住の入り口としての、銀行口座開設をサポートする事業はあるけれど、前情報がいくらかでもあれば、特別難しいものではないのでは、と思う。実際に、今度家族が来たときに、家族の口座を開設してみようと考えている。

IMGA0241_convert_20130720172054.jpg
思い出の学校へ足を延ばす。
スクールホリデーなので、もちろん開いていませんが・・

IMGA0248_convert_20130720172853.jpg
学校の近所の、クラスメートの家を偶然見つけて
みんなで盛り上がる!

盛り上げて!!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ケータイプラン
2013-07-27 Sat 18:02
 売られている機種のほとんどがスマホタイプでもあり、今、telecomでは、19ドルで、60分の通話ができ、テキスト(ショートメール)が使え、一定量のデータが使える(つまりネットができる)というプランが一番人気だという。身近な人たちの多くもこれを使っているようだった。

 しかし、今の私はケータイで1時間も通話することはないし(こちらからかける場合)、テキストも相手が限られるし、まして、データなどは使う必要がほとんどない。だから、19ドルはお手頃価格ではあるのだけれど、これでも多いように思えた。

 そこで手始めに、6ドルで一ヶ月に150通のテキストが使える、というプランを申し込んだ(パソコンもしくはケータイ画面で、この商品を買うことで可能になる)。必要があれば、追加も可能だし、多少は通話も必要になれば、今度は3ドルで15分通話というように、これまたいくつかのプランの中から選んでいくことができるのだ。
 もちろん、受話は無料なので、テキストだけのプランでも、かかってきた電話には答えることはできる。

 必要なだけ使用した上で、月に19ドルよりも高くなることがあれば、そのとき改めて、この19ドルというパッケージを買えばよいと思っている。
 契約をしてすぐにテキストを使わなくてはならない状況にもなり、何通もテキストを打ったが、やはりローマ字で日本語を打つのはなかなかわずらわしいものだ・・。スマホであれば、日本語入力アプリというものがあり、それを使うことで日本語の文章を作ることも可能なのだけれど。尤も、日本語で送られてきたテキストはなぜかそのまま日本語で読めるので、これで概ね十分だと思っている。

IMGA0222_convert_20130717192726.jpg
やっぱり家族で食卓を囲むことって大切ですよね!

これも大切ですよね!?
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ケータイ結論
2013-07-26 Fri 06:19
 最後の最後まで悩みに悩んだ。一つには、機種選びに悩み、もう一つには、プランに悩んだ。
 スマホタイプにするべきか、いわゆるガラケーにすべきか・・。こちらのガラケーは、機能も形も10年以上前の日本のケータイほどのものである。今の日本のガラケー程度のものであれば、迷うことなく、ガラケーを選ぶのだけれど、とにかく、液晶画面が小さいのである。二つ折りのタイプもあるのに、普通のタイプ程度の画面サイズ・・なぜ二つ折りに?

 以前も書いたが、子どもたちにはできるだけ、こうした機器には触れさせてこなかったのだが、やはり中学へあがると、例えばスクールバスに乗れなかったときとか、クラブなどで出かける機会があったときなど、連絡手段に困るようになるということで、テキスト(ショートメール)だけでも使えなくてはとても困る、という話を聞いていた。

 もうすぐ中学生の長女にはいずれ持たせなくてはならないだろう。そのときに、おさがりのガラケーを使うという選択肢もあるから、まずはガラケーでいいだろう、とも考えた。そもそも、スマホの魅力は、日本語入力が可能なのと、GPSが使えることくらいで、インターネットに取り憑かれて暮らすことになるのは避けたかったのだ(いや、既に取り憑かれてはいるので、これ以上、という意味で)。

 ケータイ各社で使えるガラケーのうちで、一番液晶画面が大きかったのがtelecomのものだったので、最低価格のものの倍ほどしたが、この機種に決めることにした。何軒か回った電器屋では見つからず、結局、telecomショップへと行くことになった。

 日本のケータイショップも、店員さんはかなり若い層が多くて、不思議な発音をする人や、ペンをきちんと持てない人がとても多かったけれど、社員教育の結果、それなりにお行儀は良かったものだ。ところが、NZのケータイショップの店員さんは、何となくあまりお行儀がよろしくない人、それも、チャラ男やチャラ子が多いように感じられた(出会いが悪いだけかも?)。

 結局、チャラ男くんのよく分からない説明を聞いて、とにかくも10ドルだけプリペイドして、ケータイは手に入れることができた。この状態では、1分の通話で44セント、テキスト1通で22セントかかる設定なので、使用条件によって、お得プランを組み合わせていく必要があるのだが、それは後でじっくりやろうと思っていた。

IMGA0219_convert_20130717192520.jpg
トランクから出てくるおみやげに群がる・・

IMGA0217_convert_20130717192621.jpg
ついに誕生日プレゼントの人形をゲット・・

ポチもゲット・・^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
そして洗濯機を買う
2013-07-25 Thu 20:57
 冷蔵庫は、例えなくても、その日のものをその日に買えば、暮らせないことはない。しかし、洗濯機がないと、着替えもなくなるし、洗濯しにコインランドリーに通うわけにもいかないから、重要度は高い。毎日ばたばたしているうちに、タイムリミットが迫ってきたので、あわてて電器屋街へと向かった。

 一応事前に、大手家電屋のHPをチェックして、値段や機種、消費電力などはざっと見ておいた。気持ちは多少、ドラム式に傾いてはいた。

 最初の2軒には、特にこれ!という目玉商品がなかった。しかし、ドラム式はやはり高いな、と感じ始めていた。そして、一番品揃えの多い、大手の店へと入った。値段以外にあまり決め手の無いほど、メーカーこそ違うが似たような製品がずらりと並んでいた。
 May I help you?と、背の高い店員のおにいさんが近づいてきたので、あなたは従来型のものとドラム式のものと、どちらが良いと思いますか、と聞くと、それは絶対ドラム式!と即答だった。消費電力のこと、水のこと、まぁもちろんそれは知っているけれど、でも値段が高いし・・。
 毎日洗濯するなら消費電力のちがいは大きいですよ、とおにいさん。

 ところで、お宅のHPで見たのだけれど、手頃な値段のドラム式があったでしょう?と聞くと、目玉商品として陳列されているところへと案内してくれた。容量は7キロ。縦型ならばずいぶんと図体が大きくなるし、縦型で、容量に比べて極端に少ない洗濯ものを入れると、うまく動かない場合があることも経験していたので、このサイズの縦型はまったく考えていなかった。

 ときにはブランケットなどの大物を洗うためには、やはり最低でも6キロは必要である。そうなると、この目玉商品の値段に近いものが多くなってくる。某韓国企業のものならば、200ドルくらい安いものもあったけれど。
最終的に、この目玉商品を買うことにした(ちなみに、Electroluxという会社のもの)。

 洗濯機は、冷蔵庫とは違い、日本でも故障の経験があったし、知人、友人の経験も聞いていたので、保証は長めにしっかりとつけてもらうことにした。配達して、設置してもらう必要があり、これらの値段を合計すると、1000ドル近い額にはなってしまったが。

IMGA0215_convert_20130717192407.jpg
父来たる・・
長距離バスの発着場が図書館前にあるのです。

全員集合!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
洗濯機考
2013-07-24 Wed 20:49
 日本の洗濯機は本当に優秀だ。何もそこまでしのぎを削って、日々改良を目指さなくても、これだけきれいになって、これだけ消費電力を抑え、水の量を抑え、洗剤も改良されてくれば、十分ではないか・・と思うほど。

 ところが、NZでは日本のメーカーの洗濯機を見かけない。あんなに素晴らしい洗濯機たちは、すべて日本だけで売られているのだろうか?こちらで一般的なのは、NZメーカーのものと、Boschなどいくつかのヨーロッパメーカーと、あとはSamsung(サムソンではなく、セィムサン・・)である。高額な洗濯機が並ぶ中、日本の技術者をヘッドハントしまくって準日本製のような製品を作っている、某韓国系企業の洗濯機が、1〜3割ほど安い値段設定で売られているのだった。

 日本の新しい洗濯機では、縦型でも、水の使用量がかなり低く抑えられるようになったが、こちらの縦型は相変わらずたくさんの水を使用する。そして、容量の割には、がたいがかなり大きい。6キロ用のものが、日本の7キロ、8キロくらいのサイズに感じられる。
 一方、いわゆるドラム式(こちらでは、Front loaderと呼んでいるもの)はずいぶんと高価だ。日本でなら、同じ値段で、洗濯乾燥機タイプが買えるだろう・・。

 日本にいた頃は、ドラム式を使っていた。例によってサンヨーの、縦型ドラムというものだったのだが、3年ほど使ったところでリコールがかかり、普通のドラム式のものに交換されてしまったのだった(もちろん同じクラスのものだったけれど)。とても気に入っていたので、残念ではあった。

 サンヨーの洗濯機には、電解水で洗う・除菌する、という機能があり、タオルの洗濯へのこだわりを持っていたので、それはそれは重宝したものだった。なにしろ、漂白剤を使用しなくても、タオル類が除菌できて、雑菌臭がするなどということが無くなったのだから。それ自体が洗濯槽も除菌できるので、カビ取りをする必要もなかったのだった。

IMGA0214_convert_20130717192139.jpg
タウランガの図書館の一つにやってきました。
さすがに規模が大きいです。

IMGA0213_convert_20130717192240.jpg
蔵書も多いです。今は、電子ブックリーダーに
ダウンロードできる形の貸し出しもあるそうです。
2週間たつと、データが消えるのだとか。

消さないで・・^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
チェックリスト
2013-07-23 Tue 20:36
 不動産屋さんにもらったときには、まぁこの通りに一通り見て、ざっと写真を撮ればいいだろう、と軽く見ていた。そして、確かに、例えば、壁紙が一部剥がれている、とか、カーペットにシミがある、とか、細かくチェックもされていた。

 しかし、しばらくしてみると、おやおや、換気扇のファンが回らない、窓枠が一部、壊れている、ガレージが外から開けられない、などいくつか指摘しておくべき場所が見つかった。換気扇などは、フィルターに汚れが全くなく、これは前の住人さんの頃から動かなかったのだろう、と思われた。
 NZの新しくない家には、換気扇の装備されていないものも少なくなく、つまりは、日本人が考えるほど、必要不可欠だとは思っていない人もいるということなのだろう。コンロでの調理もするが、どちらかというと、オーブン調理もメジャーのようである。オーブンが多いと、換気扇はあまり汚れないのだ。

 ともあれ、これでは困るので、不動産屋さんに直した方が家のためにも良いと思うけれど、と連絡をすると、翌日には電器屋さんを呼んで、修理してくれた!
 他にも、芝の件、バラの件、何度も連絡をして、ようやくチェックが完了した。あとはリストにサインをして、担当の人に渡すだけとなった。

IMGA0236_convert_20130717193907.jpg
玄関でなぜかサンドイッチ・・^^;

IMGA0240_convert_20130717194027.jpg
いつもかわいがってくれたジャックとも
お別れ・・

ブログは続きますから!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m
別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
冷蔵庫その後
2013-07-22 Mon 08:29
 考えた末に、冷凍・冷蔵一体型のもの視野に入れることにした。こちらの冷蔵庫は、日本の30年くらい前によく見られた、フリーザーが上部に小さく載っているタイプも健在だが、最近の主流は、引き出し式のフリーザーが下部にあり、上半分が冷蔵室になっているものである。

 このタイプなら、使ったこともあり、容量的には十分とも思えた。そこで、ターゲットを変えて、このタイプの冷蔵庫を追うことにした。
 新品も選択肢に入れつつ、やはりここはTrade me。すると、冷蔵庫って案外あるものなのだ。古いものはもちろんだけれど、4年前後のものが新品の1/3〜半額くらいで出品されている。保証のあるもの、より安いもの、より新しいもの・・いろいろ迷ったけれど、結局、保証がなく、家まで運んできてくれる、というもののオークションに参加した。

 最後の1時間〜30分くらいから、急速に入札が増えて価格が上がっていく。最後は2人の勝負になり、決めていた金額よりもほんのちょっとだけ高くはなったけれど、無事に競り落とすことができた。
同じようにして、ダイニングテーブルのセットも落札した。両方合わせても800ドルほど。なかなか良い買い物ができた、と一安心はしたけれど、問題は家に運び入れることだった。

 冷蔵庫も、玄関までは持って来てくれるけれど、家の中へは運び込まなくてはならないし、テーブルセットは、とても近所ではあったけれど、車で運搬する必要があるのだった。

IMGA0237_convert_20130717193741.jpg
外観はこんなふうだったのです。本物の煉瓦
造りの家でした。

こちらはにわか造りでして・・^^:
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一日一善
2013-07-21 Sun 08:22
 とは意味が違うが、いろいろなことをこなさなくてはならない今、重大な!?ことは、せいぜい一日に一つこなすことで、精一杯である。

 テーブルセットを競る、銀行口座を調べる、新しい口座をひらく、大きめの家具を買う、学校のイベントに出る、ケータイのプランを調べる、家電のリサーチ、旅行保険の更新、不動産屋へのメール・・一つ一つはそう大したことでもなくて、日本でならば、二つ三つのことを掛け持ちしても解決していけそうだけれど、そんな調子では動けない外国では、どうしても歩みがのろくなる。

 それでも、小さく立ちはだかっていたいくつものハードルが、少しずつ結果となって現れてきていることも実感できる。小さなタスクを、必要以上に大きく考えて身構えているのは、なるほど私のライフスタイルの為せる技だなと思う。思い切り助走をつけて大きくジャンプしなくては、とがんばるのだけれど、越えてみると、実は大した高さではなかった、ということが割合にある。それでも、大きくジャンプせずに、もしもハードルを倒してしまったら・・という失敗を恐れている臆病者なのだ。

IMGA0206_convert_20130717191814.jpg
本を、手に取りやすいところに置きたかったので、本棚を
どうしようかと思っていました。普通に本棚を買おうと思うと、
かなり重厚で高価なものも多いのです(買っても、運べないし)。
めずらしくカラーボックスの安売りをしていたので、まとめ買い
をして、棚板がしならないように、横に重ねて本棚に。公民館
とか子ども館的な感じで好きなんですよね、この高さに置くの^^;

IMGA0209_convert_20130717191924.jpg
お約束の引っ越しそば・・?

お約束の・・^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | アドラー心理学 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Trade Me 家具編
2013-07-20 Sat 08:05
 ダイニングテーブルとイスのセットを競り落とした。何日か前から気になっていたセットだったが、スタートは50ドル(4000円ほど)だった。初めから競りに参加していても、価格を上げることにつながるし、ひたすら眺めていた。250ドル(2万円ほど)程度なら十分だと、最高入札額の腹づもりもしておいた。

 50ドルから、数ドルずつ、じわじわと上がって行っていたのだが、あるとき、突然100ドルを越した。何もそんなに急に上げる必要もないのでは、とは思うが、これはあるいは、売り主の知り合いなどが価格をつり上げるために協力している可能性はある。
 つい最近、Trade Meで自動車のオークションをしていた日本人が、こうした方法で不当に値段を上げていたということで、ニュースにもなっていたが、それでもこの程度の額ならばあまり問題ではないのでは、とも思う。不当に高いと思えば、入札を止めればよいのだから。

 ともあれ、そのようにして、ときどき大きく変動しながら、オークション終了間際には280ドルを超えていた。予定入札額を越えていたが、ホームセンターで見たダイニングセットや、大きなセカンドハンドショップに並んでいたものを思い出し(もっと高いのに、小さかったり、古かったり・・)、最後の1分に1度だけ入札することにした。306まで上がっていたところで、bidして、311になった。意味深な数字ではある・・。

 だれかがあと1回押せば、あきらめようとは思っていたが、この1分間は久しぶりにドキドキした。
しばらくして、Congratulationsとメールが来た。あとは、売り主とやりとりをして、支払い、ピックアップすればよい、というシステムである。
 さて、競り落としたはよいけれど、このテーブルたちをどうやって家まで運んだものか・・

IMGA0223_convert_20130717192857.jpg
3ヶ月と短かったけれど、思い出深い家・・
長く住むにはちょっと不便も多いけれど、
避難所としてはもったいないくらいでした。

IMGA0226_convert_20130717193003.jpg
6歳の「さっちゃん」は、歌の通りに
「わ〜すれてし〜まうだろう」かなぁ・・

忘れないでください!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Trade Me 家電編
2013-07-19 Fri 10:00
 これまでは、賃貸物件を探すためにしか、利用していなかったが、家電やテーブルなど、まとまった金額の必要なものが出てきたので、少し探してみることにした。

 冷蔵庫は、当初、冷蔵専用と冷凍庫を別個に買うことも考えていたのだが、1つには置き場がないこと(置くとすると、一台はガレージに・・)、もう一つには、体験者の「使い勝手が悪かった」という生の声を聞いたことで、やはり一体型のものにすることにした。
 幸い、冷蔵スペース2に対して、冷凍スペースが1ほどの冷蔵庫が各メーカーから出ている。冷凍庫は、ドアを開けると、大きな引き出しが2段ほどあるようなタイプだ。

 各メーカーと言っても、日本のメーカーのものはあまり目立たず、せいぜい、M菱やパナ程度で、NZのメーカーやドイツのメーカーに混じって、韓国製品が価格も安いためかなり幅を利かせている。

 実際、Trade Meで冷蔵庫を探すと、古いものから比較的新しいものまで、いろいろと出てくる。しかし、電気製品は故障してしまえばただのゴミになる。素人には直しようもない。電器屋で新品を買えば、まだ保証がついてくるし、どうにかしようがあるというもの・・。

 価格にもよるが、家電については、新品を買うメリットも大きいと思うので、よほど新しいものが安く出ていない限りは、新品を選ぶことにするかも知れない。

IMGA0198_convert_20130712085051.jpg
新居は食洗機付きです。新しく買った食器セットを
一気に洗いました。使わなくてもよいのだけれど、
シンクが縦長でちょっと使いづらいかも・・ときには
有効利用できそうです^^

IMGA0199_convert_20130712085146.jpg
在外選挙の投票券が来ました。不正選挙だというのに
こんなに税金をかけて、1票を大切に扱わなくてもよい
ような、何とも言えないむなしさがあります・・・

こちらは公明正大に!?
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Small Worldの良さ
2013-07-18 Thu 09:54
 いよいよテプケを離れることが現実的になってみると、やはり一種の寂しさはあるものだ・・。少なくとも数年はこの地に住むことになるだろうと考えて、ここへ来たので、この地を愛そうとしたし、実際、ここは愛すべき町でもあった。

 ウォーキンググループのメンバーや、エスニックウーマンのメンバー、ボランティア先のおばあちゃんたち、その他の知人、友人も出来、お店の店員さんにも顔見知りが出来てもきた。

 子どもたちの学校では特に、校長先生始め、担任の先生や、事務方さん、その他のスタッフの方たちにもとても懇意にしていただき、本当に名残惜しい気持ちでいっぱいである。末っ子の担任の先生などは、会うたびに、せっかく学校に慣れたのに、残念だわ〜!!と嘆いて下さる・・。

 小さな町だから、いろいろな人がいろいろなところでつながっている。あの人が、子どもたちと同じ学校の卒業生だ、とか、あの人が実はこの人の親類だった、とか、この人が昔、あの学校の先生だった、あの先生とこの人がお隣さん同士だった、というような具合で。
 このスモールワールドは、NZだからなのかも知れないけれど、なかなかに心地よいものである。日本で、この感じでつながるような、小さな集落では、つながりというより、しがらみと言うちょっと面倒な臭いがあるかも知れないなと思う。
タウランガはずっと大きな街なので、こういう温かみのあるつながりに出会えるかどうかは分からないけれど。

IMGA0195_convert_20130712084630.jpg
Toastmasterっていう組織を知っていますか?
スピーチクラブみたいな。でも大きな組織のようです。
クラスメートのお母さんに誘われて行ってみました。
すごくよかったです! 最初で最後なのがとても残念・・
もっと前から知っていたら、とても勉強になったのに。
落ち着いたら、タウランガでも探してみようと思います。

IMGA0196_convert_20130712084845.jpg
夜だったけれど、お付き合いありがとう^^

こちらもお付き合いありがとうです!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
お知らせ・その後
2013-07-17 Wed 19:45
みなさま、ご心配をおかけしましたが、どうにかこうにか、ネットが開通しました!
今しばらくは、たまった仕事の後始末に追われていますが、ひとまず大問題?は解決しましたので、ご安心下さいね^^;


別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
引っ越し準備段階
2013-07-17 Wed 10:01
 鍵をもらっての最初の金曜の午後、学校が早く引けたので、本や衣類など、小さな車に詰めるだけ詰めて、子どもたちと共に新居へと向かった。荷物を下ろすと、子どもたちはあちこち探検し始めた。
 私は再び、あちこちの写真を撮りつつ、まだまだ家具と呼べるもののないこの家をどのようにマネージしていけばよいのか、ぼんやりと考えていた。

 とにかくここまでこぎ着いたのだ。屋根と鍵のある家を確保できれば、最低限、暮らしていくことは出来、学校へも通うことができる、と思って、少し気が抜けた感があった。

 しかし、冷蔵庫や洗濯機はもちろん、寝具さえもまだひとそろい無く、イスやテーブルも無いのだった。
 持って来た荷物をある程度収納してから、近隣のセカンドハンドショップやホームセンターをめぐってみた。
多少の寝具や玄関マットなどを購入し、棚やテーブル、家電などをリサーチした。リサーチはしたものの、どの家具も、例え購入しても車には乗らないので、配送してもらうなり、だれかに車を出してもらうなり、しなくてはならないわけで、どんどんと準備が進まないことにやきもきしてしまうのも事実だ・・。

テーブルやイスなど、おなじみのtrade meというサイトで、いくつか良いものも見つけているのだが、不動産のときとは違い、相手の連絡先がすぐには分からないなど、うまく利用できずにいたのだった。

IMGA0193_convert_20130708185707.jpg
記事と前後しますが、これもTrade meの戦利品です。
(ちなみに隣のバニーちゃんは、マーケットの戦利品です)

こちらにも戦利を!?
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
お知らせ・・
2013-07-16 Tue 12:42
引っ越しは無事に完了しました!
ですが、
あろうことか、電話がつながっていませんでした・・
今日になって、ようやく電話はつながったものの、ネットがつながっていません(><)

明日、技術者が来て、見てくれる、ということなのですが、つながる保証がありません・・
ブログはあと数日は、予約投稿できるのですが、その間にネット環境が整わなければ、しばらくブランクになってしまう可能性ありです。
またこのどたばたは、いずれ記事にすると思いますが、ひとまずは近況報告でした^^:

別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
オープンデー
2013-07-16 Tue 10:00
 おじいさん、おばあさん、ご両親、だれでも見学に来て下さい、というお知らせが学校から来た。いろいろ見せ物もあるらしい。
 どうやら日本で言う、参観会、保護者参観、学校開放、と言われるようなイベントらしいのだが、子どもたちの教室へ行ってみると、普段の授業風景を参観するというのではなく、全体として、1つのエンタテインメント状態であった。

 小さな学年では、家族が子どものまわりに集まり、iPadで算数ゲームをしてみたり、文字や文章を書くところをのぞきこんだりしていた。高学年になると、さすがにみんな席について、これまでにやってきたことを発表したりもするのだけれど、おじいさんたちが教室に入ってくるたびに、先生が一人一人あいさつをして、教室内を紹介したりする風景は、日本のそれとは少々異なる。

 次女のクラスでも、机で何か文章を書いている子もいれば、前へ出て、プロジェクターで映し出されたパソコンの算数ゲームで遊んでいる子もいたり、何かのワークショップイベントのようだった。
 次女の担任に、こういうオープンデーは日本にもある?と聞かれたので、参観会に相当するだろうと考えて、えぇ学期ごとに何度かあります、と答えた。この学校では年に一度なのだという。

 午前中のティータイムには、学校からお茶とお菓子が振る舞われ、ネットボールコートの前で待っていると、今度は子どもたちの出し物が始まった。日本で言えば、発表会のようなものだろう。ただし、日本のように、学年ごとに、全員参加の出し物をするのではなく、参加したいものを事前に決めて、それぞれ適当な時間帯に担当の先生が練習をするのだった。

 合唱や、合奏、チアリーディング、ダンスなどがあったが、NZらしいゆるゆる加減の、ほほえましいものだった。つくづく、日本人は何にせよ、取り組み方が真剣でなくてはならない、と思っているのだなぁと実感した。

IMGA0192_convert_20130708185558.jpg
ダイニングテーブルセットを、Trade meで
ゲットしました。色むらはありますが、なかなか
気に入っています^^

お気に召しましたでしょうか?
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新居
2013-07-15 Mon 10:34
 新しい家は、全体として広い。いや広すぎる・・。そして何よりも、収納が多すぎる。
 キッチンはリフォームされているので、システムキッチンの収納は引き出し式の部分も多く、なおかつ、後ろにパントリーも控えていて、調理器具やストック食材、お弁当箱がすっきりしまえそうである。

 他に、

キッチンの隣に、「オフィス」と書かれていた、四畳半ほどの小部屋があり、そこにも棚板付きの、半間ほどのクローゼットがある。というより、部屋自体が収納とも言える。

廊下に、これまた棚板付きの、半間分、一間分の収納がそれぞれあり、

二つのベッドルームに、衣類ハンガーが掛けられる、一間ほどのクローゼットがあり、

ガレージに、古い木の大きな棚と、洗濯機置き場の頭上に網棚があり、

庭に大きな物置小屋がある。

 丈夫な段ボール箱を手に入れにくいこの国で、日本からの荷物に使った大きな段ボール箱を捨てられず、衣替えした衣類などを入れるのにも使っているのだが、廊下の押し入れには、この箱がそのまますっぽり入ってしまう。
 収納が多いのは、家具をあまり買わずに済むという利点も大きいが、この家の収納に合わせて、ものを買っていけば、次に引っ越しをするときが大変になるだろう、と予想されるのだ。

 今の家のキッチンも、必ずしも収納がないわけではなく、容積だけで言えば、そう変わらないのだけれど、ドア収納が多いこと(引き出し収納と違って、収納・取り出しのためのアクションが1つ多くなる)、材質が木製のために、湿気がこもりやすく、木くずがときどき入り込むことがあるので、開封後の食材や、プラスチック製の容器を収納することに抵抗がある。そのため、キッチントップがいつもごちゃごちゃと、ものであふれてしまうのである。

 それにしても、あまりに広い収納エリアを、どう仕舞い分け、使い分ければよいのか、しばらく考える必要がありそうだ。

IMGA0188_convert_20130708185439.jpg
レゴで箱庭を作るのが大好きです。トイレやキッチン、
家具、家電など、小細工がきいていて、楽しいです。

小細工きかせたいです・・
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
鍵を受け取る
2013-07-14 Sun 10:13
 大きな車を持っている方にお願いして、荷物を積み込んでから、不動産屋へと向かった。予定時刻よりも多少早かったが、担当のTessさんはいつも通りに対応してくれた。

 水道代についてたずねると、3ヶ月ごとに請求があるから、不動産屋に払いに来ても、ネットバンキングで払ってもいいわよ、ということだった。そして、一人一月10ドルを超えないように気をつけてね、と付け加えられたが、1ヶ月40ドルの水とはどれほどのものなのか、想像がつかない・・。

 次に鍵と、鍵をコピーした紙を渡され、自分の分と不動産屋の分とにサインをした。そして、家屋の状況をリストアップして、家主さんのチェックが入った用紙をもらった。チェックリストを見て、自分で確認をして、2週間以内に渡してもらいたい、ということだった。

 早速、現地へ向かい、ガレージの鍵穴に鍵を差し込むが、まったく回らなかった。それでは、と、玄関へ行くと、やはり鍵が回らなかった。扉があちこちにある家なので、ぐるりと回って、差し込んでみるが、どれもダメだった。もう一度不動産屋に連絡をすると、やはり向こうのミスで、鍵とコピーを持って来てくれることになった。
 10分ほど待って、Tessさんが現れた。今度はさらにたくさんの鍵のついたキーホルダーだった。もちろん各扉とも開けることができたので、荷物を運び込んだのだった。

 古い家屋ではあるので、あちこちに古傷が出来てもいる。チェックリストは文字だけなので、後々、こんなシミはなかった、などと言われても困ると思い、あちこち写真を撮ることにした。デジカメ時代に感謝。100枚ほど撮ったが、まだ家の半分ほどだった。残りは後日にして、一旦テプケに戻ることにした。

 今度の家は、2ベッドルームとは言え、今以上に広めで、収納場所も多く、これまであふれかけていた荷物が、あっという間にどこかへ吸収されていってしまいそうなほどだ。使い勝手良く収納しないと、ものがあふれた部屋になってしまうことは体験済みなので、どのように使っていくかを考えていく必要がありそうだ。

 帰り際に、お隣さんにごあいさつをしに行った。年配の男性が出たが、ここは母の家でね、まぁあがりなさい、と招き入れてもらうと、おばあさんがにこにことテーブルについていた。私には7人息子がいて、今日は3番目のが来ているのよ、と言った(と理解した)。よろしくね、と顔合わせだけしてそそくさと退散したが、良い隣人で安心した。何かお手伝いできることがあればいいな、とも思った。

IMGA0180_convert_20130708185208.jpg
さっそく新居の掃除。クリーニングはしてあるのか
きれいでした。

IMGA0181_convert_20130708185324.jpg
すぐに使いたいキッチンの掃除。みんなで力を合わせて・・

力を合わせましょう!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m


別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
湿気
2013-07-13 Sat 10:19
 冬至(もちろん日本では夏至・・と思ったら、実は少しずれていた)のころから、毎朝、車の窓ガラスが凍るようになり、お湯をかけて、スクレーパーで拭ってから出かけている。日本(浜松)でも、年末にはこれくらいの寒さになることもあるから、ちょうど同じくらいとも言えるけれど、ただ、日本の太平洋側の冬と違って、常に湿度が高いので、車の窓も道路も結露した水が凍結してしまう。

 日の出が7時半近いので、学校へと出発する8時過ぎには、まだまだ道路は凍っている。太陽の光は、オゾンホールの関係なのか、日本でのそれよりも熱線を強く感じるので、日が高くなれば気温は上がってくるし、凍結も解消されてくるけれど、道路脇の背の高い並木の陰になっている場所は、要注意である。

 湿度が高いと、気温18度を境に、高い場合にはより暑く、低い場合にはより寒く感じられるのだそうだ。だから、日中暖かくなっていても、夕方日が沈むと急速に冷えてくる。

 洗濯ものも、日の当たるところは乾くけれど、何かの陰になってしまっていると、一日干しても乾かないことがある。一旦乾いても、うっかり取り込むのが遅くなると、結露して、湿ってしまうのだ。天気が良ければ、室内で日に当てておいた方がよく乾く場合もある。
 湿度が高いので、窓ガラスの結露も多い。冬場なのにガラスや窓枠にカビが生えてしまう。その代わり、乾燥した空気でのどをやられるというリスクは少し軽減している気はする・・

IMGA0170_convert_20130708184705.jpg
友人たちとタウランガへ外食に!
とても人気のお店なのか、満席でした。

IMGA0173_convert_20130708184822.jpg
本格的な窯が!

IMGA0172_convert_20130708184939.jpg
まだかな〜。疲れたし、おなかぺこぺこ・・

IMGA0174_convert_20130708185053.jpg
来ました!あの窯で焼いたのでしょうか。
とてもおいしいピザでした。他の料理もとっても◎

ここにも◎を・・
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
芝刈り
2013-07-12 Fri 19:15
 新しい家は、フェンスに囲まれた庭もあるが、家の外の歩道部分も広い。角地なので、2辺分ある。家の敷地だけでなく、その外の部分の芝刈りも、借り主の責任である。従って、刈らなくてはならない面積は割と広いのだった。
 今の家の芝刈りもそうだけれど、業者さんがときどきやってきては、黙々と刈っていってくれる。芝刈り代が家賃に含まれる場合もあるし、そうではない場合もある。新しい家は、含まれていない。

 不動産屋に問い合わせて、見積もりを出してもらった。外と中を合わせた額は、予想より少しだけ高かったが、意外だったのは、中の方が高かったことだった。敷地内は、フェンスの中へ入って刈るので、できることなら自分で刈りたいものだとは思うけれど、そのためには芝刈り機を手に入れなくてはならないのだ。

 芝刈り機にもいろいろあって、手動式のもの、電動式のもの、ガソリンエンジン式のものとがある。どれももちろん一長一短で、ニーズに合わせて買うのだろう。中古も探せばあるが、新品でも、半年か1年で元が取れそうな額ではある。メンテナンスも必要だろうけれど・・。

 芝を刈ればゴミが出る。今の家もそうだけれど、庭の隅に山盛りにしてある場合もあるが、新しい家では、ゴミ入れをレンタルするなりして、引き取ってもらう必要があるのだということだった。
 だから最低限、月に16ドル〜80ドルくらいはかかることになるようだ。電話とインターネット代も75ドルだから、これくらいの額を支払うことがきれいな街並みのためには当然だ、というのがこの国のコモンセンスのようである。

IMGA0093_convert_20130707194315.jpg
お遊戯あり

IMGA0096_convert_20130707194435.jpg
解散です・・

ブログは続きますよ!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ついに電話が決まる
2013-07-11 Thu 19:11
 ボーダフォンはあきらめ、コンパスもあきらめ、残るはテレコムしかないではないか・・。でも、仲介する会社は扱っていない、というし。とはいえ、それだけのために、タウランガやちょっと大きなショッピングモールまで行くのも考えものだった。

 そこで、もう少し近いショッピングセンターへ出かけていって、テレコムショップへ直談判に行った。この時点では、ダメかも知れないなぁというあきらめ半分だったが。
 土曜日だったからなのか、ちょっとやる気のなさそうな、恐いおねえさんと、太めのお兄さんがいた。おねえさんは私たちを見ることもなく、手元のスマホをいじっていた。お兄さんがハローと言ってきたので、実は7月に引っ越す家に電話を引きたいのだけど、と話をもちかけると、住所や名前など通り一遍のことを確認し、NZの運転免許証のコピーを取り、本当に電話が開通するかどうかは、月曜にテレコムが判断するからまた連絡します、と受付はあっさりと終了した。

 週が明け、そのお兄さんから電話が来て、新しい住所の表記が違うみたいだけど、グーグルマップのここだよね、と言われ、場所の再確認をした。表記が違う、というのか、住所についている、AとかBとかという文字がついていないらしかった。また連絡するよ、と言って電話が切られたきり、その週の内には連絡が来なかったので、ついでの折に、もう一度ショップへ立ち寄って、どうなっているのか確認をすると、モデムが来ているから持っていくよね、と手渡された。
 本来なら、新しい家の方へと送られる予定だったわけだが、送られても、もしかしたら留守で受け取れず、いろいろと手間取ったかも知れないことを考えると、グッドタイミングだったと言えるだろう。
とにかくも、電話とブロードバンドは確保することができたので、一安心である。しかし、まだケータイは決めていない・・本当に必要なのだろうか(←まだココ)。

IMGA0075_convert_20130707193743.jpg
授業参観の後は、ティー(10時のおやつ)が振る舞われ、
コートで発表会のような催しがありました。

IMGA0071_convert_20130707193638.jpg
校長先生のあいさつと、国歌斉唱。

IMGA0078_convert_20130707193926.jpg
合奏あり

IMGA0082_convert_20130707194041.jpg
チアリーディングあり

IMGA0083_convert_20130707194157.jpg
ダンスあり

なんでもあり^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
原発移住
2013-07-10 Wed 19:07
 震災後に海外へ脱出した人は少なくない。しかし、一口に原発移住と言っても、その中身はもちろんいろいろだろうと思う。ただただ放射能がおそろしくて逃げる人、我が子を少しでも安全なところへと連れ出したい人、移住への1つのきっかけにすぎなかった人・・。

 そして、脱出してきた理由もいろいろだけれど、移住に向けての姿勢もいろいろのようで、同じように出てきたからと言って、価値観が近いとも言えないようだ。当然ではあるのだけれど・・。

 移住者もいろいろだから、その移住者に対して、地元の人が持っている印象もいろいろのようだ。中には、被災地でがんばっている人たちを尻目に逃げてきた人間、とでもいうような見方もあるのか、初めから門前払いの人もいたことは、少々残念なことではあった。

 しかし、それぞれの立場の違いから、このようなすれ違いが生まれてしまうことは、ある程度仕方のないことだと思う。それこそ、被災地では、引っ越しをしたくても、周囲の視線が気になって出来ない、など、互いを監視し合うような、縛り付け合うような、そんな空気もあるのだと聞く。
 私の経験したケースのように、ただの誤解だけで済むのであればまだしも、そのことが子どもたちの健康被害に直結するような問題だから、ことは深刻である。
 原発事故がもたらした溝は深い・・・

IMGA0065_convert_20130707193420.jpg
6年生のクラスでは、歌で学ぶ光合成・・

IMGA0069_convert_20130707193532.jpg
4年生でも、パソコンゲームを使って算数を
していました・・
良くできる子はやっぱりインド人の子でした!
素養が違うのでしょうか?

これもゲームです・・^^;
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | まじめな話 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
天災に弱い?
2013-07-09 Tue 19:03
 ちょっとした大雨が降ると、あちこちで床上浸水が起きたり、道路が冠水したり、というニュースが流れる。ちょっと大風が吹くと、あちこちで大停電が起こったり、いや、風が吹かなくても起こったり。道路が寸断されたり、雪が降ると通行止めになったり・・。

 もちろん日本でも、台風が来れば、あちこちで土砂崩れが起きたり、停電になったり、というときはある。けれど、そこまで強い暴風雨ではないにも関わらず、なのである。

 考えてみれば、本州と北海道とを合わせたくらいの面積の土地を、横浜市民ほどの人口で守っているのである。予防的に治水をしたり、インフラを整備したり、ということが行き届かないのは仕方がないことなのだと思う。人口も、ごく一部に集中している地域がある他は、かなりまばらに住んでいる。だから、日本のように、緻密なインフラ整備は、コストの面でもマンパワーの面でも、していられないとも思う。

 それなのに、どこへ行っても、電気は使えるし、水道から水は出るし、トイレが設置されているのは、むしろすごいことなのかも知れない。

IMGA0060_convert_20130707193055.jpg
学校開放日。おじいちゃん、おばあちゃんを中心とした
参観日でした。年に1度だけだそうです。
2年生のクラスで。何をしているのかな・・?

IMGA0059_convert_20130707193202.jpg
iPadを使って、計算ゲームをしていました。
子どもの心?はつかみやすいですが、これで
計算の勉強になるのか、ちょっと私は懐疑的です・・。

IMGA0058_convert_20130707193305.jpg
見ちゃダメ〜と隠す人・・

こちらは逃げも隠れもしません!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
気象
2013-07-08 Mon 04:53
 6月中旬になって、強い寒波がやってきている。5月にも一度、大寒波が来たが、その後は日中は暖かい日がしばらく続いていた。つい先日、ひどい大雨が降って、あちこちで床上浸水したり、道路が寸断されたり、という地域があるというニュースが続いている中で、大寒波が来るので、数日分の食料を用意しておくように、というようなニュースが流れ始めていた。クライストチャーチのスーパーの、パンの棚がすっかり空になっている画像が映し出されたりもした。

 その後、南島ではあちこちで大雪が降っているらしい。暖かいこの地域でも、今日は風が冷たく、晴れたと思ったら、雨が降る、というような不安定な天気だった。

 長年、天候は西から東へ変わるものだと思ってきた。日本の天気予報の精度が良いのは、この単純な流れがあるからなのかも知れない。
 季節的な変化はまだ分からないが、秋から冬にかけては、南(つまり極側)からの大気が北へ向かって流れていて、タスマン海側から太平洋側へと、列島を中心として時計回りの方向へと回っていっているようだ。このBay of Plenty の地域は、従ってどちらかというと、北から南へ向かって吹き下ろしていることも多いように感じる。さっきタウランガで大雨をもたらした雨雲は、しばらくするとこのテプケを通過していくのだ。

 だから、これまでの感覚で天気図や雨雲レーダーを見ていると、予測がはずれてしまうのである。にわか雨も多いこの地域では、気を付けないと洗濯物が干したときよりもびしょびしょになってしまうのだ・・。NZ人は雨でも取り込まず、晴れて乾くときが来るまで干しておく、という伝説は果たして本当であった。私にはそのマネはちょっとできないけれど・・・。

IMGA0925_convert_20130702164500.jpg
つい先日、誕生日だった次女。NZのケーキを買って
みたけれど、甘すぎて、甘党の彼女もギブアップでした。
プレゼントは、赤ちゃんサイズの人形ということでしたが、
あちこち探し回っても、なかなか見つからず(一般に、西洋
社会の人形の顔って恐すぎ・・)、保留になっています。

こちらは保留無しで!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m


別窓 | 生活編 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョブオファー
2013-07-06 Sat 05:58
 念のため繰り返すが、ガーディアン・ビザでは通常、働くことはできない。特別に申請をして初めて、日中の数時間だけ働くことも可能になる。
 だからこれは、給料の出ない、ボランティアのオファーである。今は、近所の、教会が母体のセカンドハンドショップにお手伝いに行っているのだが、これはもちろん、引っ越すまでの期間だけである。

 エスニック・ウーマンのためのコーヒーセッション、という、集まりがあり、ここへ参加するようになった。主催しているのは、外国人女性の生活支援やDV相談などをしているNPOのフィリピン人女性だが、この団体の活動とは直接的には関係はない。
 余談だが、このソーシャルワーカーの女性は、モンゴルで10年ほど活動をしたり、他の国にもいたことがあり、NZはもうシステムが出来上がっているし、退屈だわ、南アフリカにでも行こうかなぁと思っているのよ、という、まことに志の高い、若いのに尊敬できる女性である。

 セッションでは、タウランガからkiwiの女性に来てもらっての、英語のレッスンもあり、少人数ながら毎回楽しくおしゃべりをしている。英語の力が伸びたかと言われれば、微妙ではあるが、それでも、日常会話という応用問題に挑戦するのとは違って、自分の文章の間違いを確認してもらったり、違う表現を教えてもらったり、と、教え、教わる関係で話ができるのは、とても心強いものだ。
 例えば間違った文章でも、日常会話の中ならば、通じてしまえば、相手はそれに対してまた次の会話をつなぐのだが、レッスンであれば、この表現の方が適当ですよ、と直してもらえるからだ。

 そんなセッションの合間に、そのNPOのボランティアとして働いてくれないか、というオファーをもらったのだ。オフィスで、事務作業や電話の対応などをしてほしい、という。事務作業はともかく、電話対応はなかなかハードルが高い・・しかし、ともかくも受けることにした。必要とされていることは、とてもありがたいことだし、この地に根ざす一歩にもなるだろう。それに、外国から来て、この土地になかなかなじめず、引きこもりがちになる女性の力になれるとすれば、私自身が受けたたくさんの恩を、別の形でお返ししていくこともできるかも知れない。

IMGA0913_convert_20130702163932.jpg
最後になるかも知れないウォーキンググループで
Maketuへ。前回は私が参加できず、私のためにMaketu
行きを、今回に残しておいてくれたのです・・・

IMGA0917_convert_20130702164124.jpg
鳥好きの叔父に捧げる第何弾かの写真。
よーくみると、カワセミがいます。日本のカワセミよりも
若干大きめに見えました。やはり美しかったけれど、日本の
カワセミの方がもっと美しい羽根をしているなぁ^^

IMGA0918_convert_20130702164253.jpg
Kiwi360°のカフェ

IMGA0919_convert_20130702164352.jpg
新しいメンバーも増えて、おしゃべりに花が咲きます^^

こちらにも花を咲かせてください!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m



別窓 | 生活編 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NZの先生たち
2013-07-05 Fri 16:51
 パンガロア小学校の先生たちしか見ていないので、それがNZを代表しているのかどうかは分からないことは前置きしておく。(少ない例で、NZでは、などと書く勇気は私にはない・・)

 このところ、学校見学に行く機会が何度かあり、感じた点としては、先生たちは、子どもたちが静かに、大人しくすることをかなり期待しているようだ、ということがある。
 どのクラスでも、授業中はとても静かである。少人数だからというのもあるだろうし、見知らぬ大人(つまり私)が見ているということもあるだろうけれど、とにかくぺちゃくちゃとおしゃべりしたり、騒いだりする子はまずいない。
そこまでなら、それほどびっくりもしないのだけれど、声を殺して、ひそひそとお話ししているだけでも、sh,sh,shshshsh.... と注意されるのである。決して授業の邪魔をするほどでもないし、場合によっては、「ちょっと消しゴム貸して」「いいよ」というような会話なのかも知れなくても、ダメなのである。

 アドラー心理学的に考えれば、不適切な行動に負の注目をしている状況なのだけれど、例えば、お店の中でも(個人商店などの小さな店)、小さな子がちょっと声を挙げると、親がshshsh..と注意する場面は見かけるので、この国のコモンセンスなのかも知れない。

 末っ子のクラスは、日本で言えば1年生なのだが、ときどきちょこっとおしゃべりをする子がいても(私には、おしゃべりしている声すら聞こえないほどなのだが)、先生の注意ですぐに静かにするところからは、そんな空気が感じられた。

 ともあれ、公共の場で騒ぎ立てる小さな子があまりいないことは、良いことではあると思う。

IMGA0911_convert_20130702163741.jpg
よく冷え込んだ朝、裏庭に真っ白に霜がおりました。
霜はときどきですが、湿度が高いので、夜露は毎日です。

IMGA0910_convert_20130702163613.jpg
靴やサンダルで洗濯ものを干していると、芝生におりた夜露で
足が濡れるのです。先日、マーケットでゲットした長靴が役に
立ちます!

役に立っています!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 学習編 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
電子レンジ
2013-07-04 Thu 16:08
 日本にいた頃にはもちろん持っていて、料理の下ごしらえや、牛乳を温めたり、冷やご飯の再加熱などに多用していた。
 NZへ来てからも、初めは電子レンジがあったので、それなりに利用していた。

 しかし、レンジが発する電磁波については、多少気にしてはいた。電磁波が体によいはずはない、とも思っているので、IH調理器は絶対に導入しなかったし、ケータイを子どもたちに持たせることもしていない。しかし、無線LANのルーターや、WiFiのモデムなどからもかなり電磁波が出ているらしく、ここNZでも、電磁波のない環境に暮らすことはなかなか難しいようだ。

 ともあれ、ここへ避難してからは電子レンジは無くなった。無ければ無いで、どうにか暮らせるものである。しかしやはり、一番不便なのは、冷蔵庫から出した食材の再加熱だ。これは、早めに出して、常温にまでしておくか、お湯を少し入れた鍋に容器ごと入れて再加熱したり、オーブンで温めたりすることで対処している。
 しかし、鍋が空いていないと出来ないし、耐熱容器でなければ、オーブンに入れられないなど、段取りがうまくいかない場合もある。

 今考えているのは、蒸し器を使うことである。日本にいた頃から目をつけていた製品がある。リュミナルクというフランスのメーカーが出している、ガラス製の蒸し器である。これなら、中もよく見えるし、洗いやすそうだ。しかし、これをNZまで輸送しようと思うと、割れてしまうかも知れない。
 ならば、とNZでも、ステンレス製の蒸し器を探してみた。ネットショップで目をつけたものもある。リュミナルクを購入してこちらへ輸送する値段で買うことができるようなものである。

IMGA0902_convert_20130702163322.jpg
いちょうの落ち葉です。黄葉・落葉と、雨続きが重なったので
きれいなところをあまり見ることができませんでした・・。

IMGA0908_convert_20130702163443.jpg
ほら、この腰の入り方!

こちらも本腰入れて・・
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
警察のお世話になる
2013-07-03 Wed 17:54
と書くと、ちょっとどっきりなタイトルになるが、どうぞご心配なく!
つまりは、指紋の採取に行ったのだった。

 18歳以上のNZ市民でないものが、2年以上この国に滞在する場合には、無犯罪証明書という警察書類が必要になる。通常、領事館まで行って、指紋の採取をして、申請手続きをするべきところだが、遠隔地にいる場合には、近隣の警察署で代わりに取ってもらうことができるのだ。

 先日もらった申請書に添付されていた、指紋押捺書類とパスポートを持って、テプケの小さな小さな警察署へ行った。ここが警察署ですよ、と教えてもらわなければ、多分ずっと知らないままだったかも知れないようなところである。

 受付で、指紋の書類を作りたいのだけど、と聞くと、背の高い女性警官さんがにこやかに案内してくれた。連れられた先には、いかにも留置所という鉄格子のある小部屋の一角だった。幸いそのときにはだれも拘留されていなかったけれど・・。

 おまわりさんは手慣れた調子で準備をし、私に、手を洗うように指示した。自分で押すのかと思っていたが、手袋をはめたおまわりさんに手を支えられ、順番に押していくのだ。NZの警察書類とは多少順番などが違うのだそうで、指をきちんと確認してくださいね、と領事館の人に言われたが、おまわりさんは特に混乱することなく、書かれている通りにスムーズに押してくれた。

 はい、これで完了よ!と、私と同い年だという長身の警察官さんは、書類とパスポートを手渡してくれた。あっという間だった。
 記念にいろいろと写真撮影などしてもみたかったが、さすがにそれはためらわれた・・・いつの日か、もっと英語力がつけば、ひょっとして交渉してみるかも知れないけれど。

IMGA0873_convert_20130619182541.jpg
こんな感じに・・(小指短い^^;)

いつもの感じで^^:
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ジモモ

余裕がおありでしたら、こちらもお願いしますm(__)m

別窓 | 生活編 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ニュージーランドに暮らすということ | NEXT
2006-2013 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。