ふにゃこ
http://hunyako2013.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
引っ越しました
2015-05-05 Tue 23:29
 先日、お知らせしたように、ブログを引っ越ししてみました。ただ、転居先の使い勝手がまだよく分からないので、不備もあるかと思いますが、お気づきの点がありましたら、どうぞお知らせくださるとうれしいです。(^^)/

     引っ越し先です



スポンサーサイト
別窓 | 生活編 | コメント:2 | ∧top | under∨
Learning budy
2015-05-05 Tue 19:17
 あっという間に一ヶ月が経ち、月一の手話のお茶会の日になった。コンスタントに15人以上は参加しているし、毎回なかなか盛況なのは、コーディネーターのSueさんの人望によるのだと思う。今回は、未熟児で生まれた息子の言葉が出ないために手話で話をすることを思いついて、しばらく前から家族で手話を習っているアメリカ人のDanが、新聞に載っていたので、そんな話題も出ていた。

 しかし、いくらかでも手話が出来るようになっている中級者でないと、会話にはついていけず、分からなくてときどき英語で言い直してくれれば分かる人が多いわけだが、私にとってはどちらもハードルが高く、かなり寂しい思いをしていた。
 途中で帰る人が何人かいて、別れのあいさつをしている間に、私同様の初心者同士で少し話をしていた。いつもはそうやって英語で話す時間すらないので、なかなか健聴者とさえも仲間になることが出来ずにいたのだが、この日は初めて、Cameliaという女性と話をした。

 あまり具体的な話は出来なかったが、彼女も通っている割には出来るようにならなくて、いつもぽつんとしていたところだったので、お互いのニーズがマッチしたのを感じた。連絡先を交換すると、早速FBでの友だち申請が来て(余談だけれど、友だち申請することをfriendということを知った)、メールもくれた。
 名字から察するに彼女はマオリで、初めてkia oraというマオリ語のあいさつをもらった。まだ詳しいことは知らないのだが、大学を出ている彼女は、養護学校でパートタイムの仕事をしているようだ。その関係で手話を習いたいと思っているのかも知れない。
 ともかくも、こうして二人目の、しかも近所に住んでいるlearning budyを得ることが出来、彼女からはいろいろなことを学べそうな気がして、楽しみである。

IMGA0965_1.jpg
Victoriaの18歳の誕生日でした。18??と思うほど、世慣れしていて
信じがたいです。だれにでも人懐っこくおしゃべりするので、みんなに
とてもかわいがられています。こんな処世術を私も身につけていたら・・

IMGA0966_20150501191609053.jpg
バースデーケーキですが、自作です。彼女の夢はパティシエになること。
日本のきれいなケーキや練りきりの和菓子の写真を見るのが大好きです。

IMGA0967_1.jpg
もうすぐ帰国しちゃうんです。みんな、寂しがるでしょうねぇ・・・

行かないで!
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
別窓 | 英語ネタ | コメント:0 | ∧top | under∨
弁護士的
2015-05-04 Mon 19:47
 こちらの弁護士数人とは会ったことがあるが、その人となりはともかくとして、弁護士という職業は、私なら面倒だと思って敬遠してしまうような手続きだとか、その面倒な手続きの中に隠れているかも知れない小さな可能性を見つけるものでもあるようだ。年々、細かな手続きが面倒になっている私には、ちょっと異質な世界である。

 WINGという、移民して来た女性のグループ(目的は自助的な、おしゃべり会)があり、現在の会長?はブルガリア人のVikkiである。彼女は本国では弁護士をしていて、何の縁があったのか、キウイ男性と結婚、出産後離婚して、シングルマザーをしている。こちらでも何か法律の仕事をしたいからと、英語の勉強後、専門学校でも勉強していたのだが、ブルガリアでの弁護士資格をこちらで再登録させるためには相当な額の料金がかかる上、それが仕事を確約してくれるわけでもないので、改めてファッションの勉強に方向転換している。

 彼女はとても親身になってまわりの人の世話をしてくれる人で、私の身の上もいつも心配してくれる。あるとき、WINGに新しく入りたいという人を紹介するために、FBでメッセージを送ると、就活のその後を気にかけてきてくれた。今、Carolと相談している話をすると、永住権は目指さないの?と聞くので、前の仕事をこちらですることはもはやあきらめているし、そうでなければ、正攻法での永住権は無理だと思う、と答えた。
 実際、私の持つ資格をこちらで使える状態にするためには、さまざまな手続きと、ハイレベルな英語力や高額な料金などがかかり、英語力のハードルを越えることがあまりに非現実的なので、もはや冒険している余裕の無い身としては端からあきらめているのだった。

 普通はそこで、まぁそうよね、という反応が返ってくるものなのだが、Vikkiはそうではなかった。こんな方法は試した?まずは現状を示す書類を持って、イミグレに電話してごらん、私も英語が十分でなかったころに聞いたよ、代理の人が電話をするのは無理だけど、だれかに一緒にいてもらって電話を、と強力に言ってくる。移民アドバイザーのIrynaとは友だちだけれど、と言うと、とにかく行ってはっきりさせてきた方がいい、と言う。

 Irynaはプロで、それで商売をしている人なので、友人だからと言って、あれこれと質問しまくるのは何となく申し訳ないな、と思っているので、これまではときどき簡単な質問をする程度に止めていたのだ。
 結局Irynaとは近いうちに話してみることにしたのだけれど、イミグレの規定や書類などに自分だけで目を通すことはなかなか煩雑で煩わしい。けれどもVikkiは、そういう、一見困難に見える状況の中にあるかも知れない小さな可能性を探すのが弁護士の仕事だから、と言う。医療者にもそんな側面はあるのだが、たくさんの文書やルールの中にそれを見つけるというところが法律家の得意技なのだろう、と納得が出来て、笑ってお開きになった。

IMGA0949.jpg
家の中は肌寒かったので、外でする、と言っていたのに、実は絵を描いて
いました^^; にわか雨が降って来て、仕方なく撤退。

仕方なく??
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
別窓 | Ethnic | コメント:0 | ∧top | under∨
韓国事情
2015-05-03 Sun 19:40
 詳しいことは分からないけれど、たびたび起きる事件や、韓国人お母さんたちからの話によれば、うわさだけではなく、実際にとてもcompetitiveな傾向が強いのだという。日本でも有名な、遅れそうな受験生を白バイやパトカーが送り届ける、などという状況も、最近ではオンラインでの受験にもなったそうで改善はされたらしいが、あの猛烈な感じは私たちにはちょっと理解しがたいところがある。
 日本の受験戦争が大変でないとは言わないけれど、何が何でも一流大学に入らなくては勝ち組にはなれない、というような逼迫感は普通無いし、戦争と言うほど熾烈なものでもないように思う。一方韓国では、朝鮮戦争後の復興が国を主体として、国民を強力に引っ張って行く形をとったため、それ以来、国家公務員の権力も強く、国家公務員になるためには一流大学を出ていなくてはならない、という流れで多くの人があのようにして大学進学を焦るのだという。

 その過程で、例えば土建屋さんや配管工などの一般的な肉体労働者の社会的地位がとても低く考えられているそうで、そのためにも大学を出ていなくてはならない、という思いはさらに強まっているというのだ。
 レベルの高い大学を目指して厳しい受験勉強をしなくてはならないケースがあるとしても、その点が日本とはかなり違うのだ、とそのとき感じた。
 日本では、江戸時代の士農工商でも、あれは上下の差ではなく、役割の違いだという認識だったと言えるが、現代においても、技術者や職人など、あまり学歴の高低を問わなくても、それが社会的地位の上下とは関係なく、一定の評価を受けている、と思う。ものづくりが日本の個性の一つとして数えられることがあるけれど、そうではないらしい国の話を聞くと、なるほどそんな価値観を自分たちが持っているのだなぁ、と気づいたのだった。
 日本では職人さんはそれだけで十分尊敬される対象なのですよ、と話すと、韓国人の友人は、それはいいことだねぇ、とため息をついた。彼女は、韓国のそんな受験戦争の流れに我が子を戻そうかどうかで今とても悩んでいて、私が、我が子に必ずしも大学に行ってもらいたいとも思っていない、と言うことにとてもびっくりして、そんな話を聞かせてくれたのだ。

IMGA0948.jpg
最終的には50ドル、5000円ほどになったTerezaのほぼ新品のミシン。
無くてもいいかなと思っていましたが、長女のたっての希望で。

私の希望で・・^^;
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
別窓 | Ethnic | コメント:4 | ∧top | under∨
別のボラ
2015-05-02 Sat 19:36
 逆ジョブインタビューの準備をしている間にも、obentoコンテストに応募したいのだけどと小さな相談に乗ったり、この冬の旅行で日本に立ち寄りたいのだけど成田からのタクシー代がすごくてびっくり、などという話に対応したり、移住を考えている人からの相談など細々したやりとりが入る。これらが日本語でならもう少し早く処理も出来るのだけれど、英語も含まれるので事態がすすんでいない割には時間がかかってしまいがちである。
 いろいろな用事が次々とやってくるが、これは、未来への布石になると思っている部分と、断りきれない親切心と、何とかしてやらなくてはという老婆心などから生まれてくるもので、暇をつぶすために忙しくしているわけでは決してない・・。

 そうこうしていると、Avalonのボランティア参加中に電話がかかってきた。Cancer Societyからの問い合わせで、放射線治療に通う患者さんを家から施設まで送迎するというボランティアに登録してあるのだが、来週の都合はどうなのか、ということだった。
ケータイ電話での通話は、たまに音声が短く途切れたりもして、一層分かりにくいのだが、そもそも電話では細かなことが分からないので、とりあえず帰宅後にかけなおすことにした。カレンダーをチェックして、予定が空いていることを確認し、固定電話でかけなおして、その旨を伝えると、詳細をメールしてくれるという。
 病院も患者さん宅もうちからそう遠くなかったり、今毎日学校へ送って行っているついでにも寄れそうで、無理はなさそうだったので引き受けることにした。患者さんの一人の名前が知人と同じなのでちょっとびっくりもしたけれど(恐らくは同一人物)、初めてのボランティアだし、知っている人と行けるのはちょっとした安心材料でもある。
 それぞれの家と施設の場所をグーグルマップで確認したが、施設へはまだ行ったことが無く、私の事情で予約に遅れては大変なので、事前に一度下見をしておこうと思っている。

IMGA0950_20150427192651b1e.jpg
車の売買手続きはとても簡単です。お金を払い込み、払ったというレシートを
持って、郵便局などに備え付けの用紙に、互いの個人情報を書き込み、
監督官庁へと送るだけです。これで車の登録が完了します。保険も忘れずに!

忘れずに・・
 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
別窓 | 生活編 | コメント:0 | ∧top | under∨
| ニュージーランドに暮らすということ | NEXT
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。